アップルは、iPhoneとiPad、Apple Watch向けの最新OS各種を9月17日にリリースする。いずれも無料で利用できる。バージョンはiOS 14、iPadOS 14、watchOS 7。海外ではApple TV向けのtvOS 14も同日のアップデートを予告しているが、日本のサイトでは「秋に登場」とされている。

iPhone向けの「iOS 14」は、ピクチャ・イン・ピクチャに対応。ビデオ鑑賞時やFaceTime通話時に、別のアプリを起動することができる。

完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods」との連携も強化。空間オーディオ機能とダイナミックヘッドトラッキング機能を利用できるようになり、頭の向きやデバイスを動かしてもサラウンドサウンドを楽しめる。

またAirPodsと接続するデバイスを自動で切り替える機能も登場する。例えばiPhoneで通話後、映画を見るためにiPadを使おうとすると、自動的にAirPodsの接続先が切り替わるという。

この空間オーディオ機能と自動切り替えについては、別記事でレビューしている。

そのほかユーザーの聴こえ方にあわせてAirPodsのオーディオを調整する機能が利用できるほか、Apple TV 4Kに2組のAirPodsを接続できるようにもなる。カメラについても、最初に撮影できるようになるまでの時間が短縮され、撮影と撮影の間のパフォーマンスも改善、今まで以上に素早い撮影が可能になるとのこと。

iOS 14は、iPhone6s以降のiPhoneと第7世代iPod touchで利用できる。

iPad向けの「iPadOS 14」でも、ウィジェット機能やアプリデザインが再設計されたほか、コンパクトな着信画面が利用可能に。またiOS 14と同じくAirPodsとの連携も強化され、空間オーディオなどの機能を使えるようになる。

iPadOS14は、iPad Air2以降のiPadで利用できる。

Apple Watch向けの「watchOS 7」では聴覚保護機能を強化。世界保健機関(WHO)が定めた1週間の安全なリスニング許容量に達すると通知が届き、ヘッドフォン音量を安全なレベルまで下げるという。iPhoneのヘルスケアアプリと連動して、週単位のリスニング概要も確認できる。

watchOS 7は、iOS 14を搭載したiPhone6s以降とApple Watch Series3以降で利用可能。

Apple TV向けの「tvOS 14」では、Homekit対応のビデオカメラや各種アクセサリーと連携できるようになるほか、ピクチャ・イン・ピクチャ・モード、Xbox用ワイヤレスコントローラーの利用が可能になる。