マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、24日(日本時間25日)に敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に途中出場。2打数無安打、1四球とした。チームは4-0で勝利した。
 
 この日は4回に指名打者のジャスティン・ボーアの打席で突然代打として出場。ボーアはトレードされたのではないかとファンは騒然となったが、外腹斜筋の張りと球団が発表した。
 
 そのイチローの第1打席はフルカウントから四球を選び出塁。6回表の第2打席では空振り三振に打ち取られると、8回表の第3打席は初球を捕らえるも、中飛となりこの日は2打数無安打1四球で終えた。
 
 チームは初回にスタントンの2ラン本塁打で先制すると、6回にはオズナの適時打、そして8回に再びスタントンのソロ本塁打で追加点を挙げ4-0で勝利した。
 
 なお、この試合でレンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手は右前安打、中前安打、中前安打、左前安打と4打数4安打を放ち、MLB通算3000本安打まで残り「7」としている。