日本野球機構は7月26日の試合に先発登板する投手を発表した。
 
 雨天により24日の試合が中止になった楽天は、則本がスライド登板。一方のソフトバンクは東浜ではなく、予定通りバンデンハークをマウンドに送る。楽天は23日の試合で岡島・ペゲーロといった主力を故障で欠いてしまったが、1.5ゲーム差で2位につけているソフトバンクとのゲーム差を広げることはできるだろうか。
 
 また、セ・リーグでは巨人・畠、ヤクルト・星、阪神・小野の3人のルーキーが先発マウンドに上がる。この中では小野が唯一プロ入り後に白星を手にしていないが、今回こそは打線の援護を受けて白星を掴みたいところだ。
 
 26日の試合に登板する投手は以下のとおり。
 
<セ・リーグ>
巨人・畠世周−広島・大瀬良大地(京セラドーム大阪 18:00)
ヤクルト・星知弥−中日・大野雄大(神宮 18:00)
阪神・小野泰己−DeNA・J.ウィーランド(甲子園 18:00)
 
<パ・リーグ>
日本ハム・上沢直之−ロッテ・唐川侑己(帯広の森野球場 13:00)
楽天・則本昂大−ソフトバンク・R.バンデンハーク(Koboパーク宮城 18:00)
西武・岡本洋介−オリックス・松葉貴大(メットライフドーム 18:00)