〇DeNA6-5阪神●(甲子園)
 
 DeNAが序盤から試合の主導権を握って阪神を降し、3連勝で単独2位に浮上した。
 
 DeNA先発・ウィーランド、阪神先発・小野で試合はスタート。小野はここまで8試合に登板しながらプロ初白星に恵まれておらず、9度目の正直で勝利を期したマウンドとなったが、序盤からDeNA打線がルーキーに襲い掛かった。
 
 2回、DeNAは宮崎の死球・戸柱の安打で無死1・2塁のチャンスを作ると、梶谷・倉本の適時打で3点を先制。その後の5回にはロペスの二塁打・戸柱の投手強襲の内野安打で一死1・3塁のチャンスを作ると、梶谷が今度は左犠飛を放ち、4点目を奪った。
 
 ウィーランドは6回まで要所を締めた投球で1失点に抑える好投を見せていたが、7回に一死満塁のピンチを招いて降板。しかし、その後は2番手・砂田、3番手・加賀がこのピンチをなんとか2失点で切り抜け、1点のリードを保った。
 
 1点差に迫られたDeNAだったが、直後の8回に先頭の倉本が阪神3番手・藤川から二塁打・続く桑原が犠打で送りチャンスを作ると、柴田が左前に適時打を放ち1点を追加。その後、筒香も四球を選び再び得点圏に走者を進めると、宮崎が中前に適時打を放ち、再びリードを3点に広げた。
 
 その後、8回に登板したパットンがロジャースにソロ本塁打を浴び1点を失い2点差に迫られる。守護神・山崎康も大和の安打・山下の悪送球でピンチを招くと、坂本に適時打を浴び1点を失ったが、その後は上本・福留を2者連続空振り三振に仕留め試合終了。
 
 なんとか逃げ切りを果たしたDeNAは、この試合でセ・リーグ単独2位への浮上に成功した。
 
 敗れた阪神は、ルーキー・小野が5回4失点と試合を作れなかった。また、打線も終盤に追い上げを見せたがあと1点が遠く、セ・リーグ単独3位に転落となった。