〇ヤクルト11×-10中日●(神宮)
 
 ヤクルトが10点ビハインドから逆転に成功し、2夜連続となる延長サヨナラ勝ちを飾った。
 
 ヤクルトはドラ2ルーキー・星が先発マウンドへ。しかし、星は序盤から要所で制球が甘くなり、2回にビシエドの適時二塁打、藤井の2ランで3失点。4回には3四死球で満塁のピンチを作ると、京田に中前適時打を許し、更に中堅手・山崎の悪送球で走者一掃となってしまい6点を失う。
 
 そして、5回にはビシエド・藤井・松井雅に適時打を浴び4失点。結局、星は5回10失点という内容でマウンドを降りることになった。
 
 その後、救援陣がこれ以上の追加点を与えない好投を見せると、打線が7回以降に大爆発。まず、7回には中村が左翼スタンドに2ランを放ち反撃の狼煙を上げると、8回はビッグイニングとなった。
 
 中日は先発の大野が8回も続投したが、バレンティンが2ランを放ち、続く山田が四球を選んだところで大野はマウンドから降りた。そして、代わった福谷からは代打・藤井が安打、奥村が四球を選びチャンスを作ると、上田の犠飛・中村の適時打で2点を返す。
 
 中日はここで左打者が並ぶところで岩瀬にスイッチしたが、坂口・山崎はしっかり岩瀬から安打を放ち、2点を追加。そして、再び中軸を迎えるところで、今度は又吉にスイッチ。ここでバレンティンが四球を選び、満塁のチャンスで山田につなげると、山田が値千金の同点適時打を放ち、ヤクルトは遂に10点ビハインドから試合を振り出しに戻した。
 
 その後、救援陣が得点を与えず試合は2日連続の延長戦に突入したが、延長10回裏、イニング跨ぎとなった伊藤と対戦となった大松が初球を叩き、打球はそのままスタンドへ。昨日の試合では押し出し四球で試合が決まったが、今日の試合では苦労人の一振りで試合を決めた。
 
 敗れた中日は救援陣が大誤算で、10点のリードを守り切れない悪夢の敗戦を喫してしまった。