日本野球機構は7月28日の試合に先発登板する投手を発表した。
 
 広島・九里は6月2日以来の先発マウンド。今季、九里は先発として10試合、中継ぎとして13試合に登板している。久々の先発マウンドとなるが、3日間で31得点を奪って勢いに乗っているヤクルト打線を封じ込めることはできるだろうか。
 
 また、8連敗中のオリックスはエース・金子千尋に連敗脱出を託す。ビジターゲームに強い塩見との対戦となるが、チームに勝利を呼び込む好投を見せたいところだ。
 
 28日の試合に登板する投手は以下のとおり。
 
<セ・リーグ>
中日・R.バルデス−阪神・秋山拓巳(ナゴヤドーム 18:00)
広島・九里亜蓮−ヤクルト・D.ブキャナン(マツダスタジアム 18:00)
 
<パ・リーグ>
オリックス・金子千尋−楽天・塩見貴洋(ほっともっとフィールド神戸 18:00)
ロッテ・涌井秀章−西武・野上亮磨(ZOZOマリンスタジアム 18:15)