早実の清宮幸太朗内野手(3年)が28日に神宮球場で行われた第99回全国高校野球選手権西東京大会の準決勝の八王子戦の7回表に左中間にソロ本塁打を放ち高校通算最多本塁打記録とされる107号に並んだ。

 この日の清宮は「3番・一塁」で先発出場。初回は無死一二塁の先制のチャンスで二ゴロに打ち取られた。しかし早実は初回に相手のバッテリーミスで1点を先制する。

 清宮の第2打席はストレートの四球で出塁すると、続く野村の打席でエンドラン成功。左中間への鋭い当たりで一塁から一気に生還し2点目を加える。

 早実は3回裏に満塁から暴投で八王子に1点を返されるが、その後は両チーム走者を出すも得点を取れない展開が続く。

 第3打席は捕飛に打ち取られた清宮は、7回表に先頭打者として打席に立つと左中間スタンドにライナー性の当たりを叩き込み、ソロ本塁打を記録。神港学園の山本大貴が記録した高校通算最多本塁打記録の107本に並び、早実は3-1とリードを広げた。

 清宮は21日の5回戦で高校通算106号を放ち、歴代最多まで残り1本としていた。なお、高校通算本塁打数は公式記録ではなく、練習試合での本塁打数も含めた数字である。