ボルティモア・オリオールズが28日(日本時間29日)に、フィラデルフィア・フィリーズに金賢洙外野手、ギャレット・クレビンジャー投手とインターナショナル・ボーナス・プールを放出し、ジェレミー・ヘリクソン投手と金銭をトレードで獲得したと発表した。
 
 トレードに出された金は、野球韓国代表の常連でもある29歳の外野手。2015年のプレミア12では大会MVPを受賞している。しかし、今季は56試合に出場し、打率.232、1本塁打、10打点と絶不調で、スタメンの機会にも恵まれていなかった。昨季は打率.302、6本塁打、22打点と活躍した。
 
 一方のヘリクソンは今季20試合に先発して6勝5敗、防御率4.73の成績。2011年の新人王で、通算8シーズンで2桁勝利を4回記録している先発右腕だ。
 
 ちなみに金は今季が2年契約の最終年。新天地で来シーズンの良い契約に向けて活躍したいところだ。