テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手が、30日(日本時間31日)の本拠地でのボルティモア・オリオールズ戦の4回裏に二塁打を放ち、史上31人目、現役選手としてはイチロー外野手以来2人目の3000本安打を達成した。
 
 前日に1安打を放ち、大台まで残り1本としていたベルトレは第2打席の4回裏にオリオールズ先発のマイリーから左翼線へ鋭い二塁打を放ち、MLB通算3000本安打を達成。会場は大歓声に包まれ、3000本安打を記念する垂れ幕などが披露された。
 
 ベルトレはドミニカ共和国生まれの38歳。キャリアをロサンゼルス・ドジャースで始め、2004年には48本塁打で本塁打王に輝く。その後はシアトル・マリナーズに移籍するも期待された活躍はできずに、2010年にはボストン・レッドソックスに移籍。しかし、そこから復活を果たし、球宴出場4回、シルバースラッガー賞も3回受賞と大活躍した。
 
 そして、この日に史上31人目となるMLB通算3000本安打を達成。ドミニカ共和国出身選手としては史上初で米国外出身としては5人目、また現役選手としてはイチロー以来となる金字塔を打ち建てた。