〇DeNA13-3広島●(横浜スタジアム)
 
 DeNAが14安打13得点の猛攻で広島を降し、カード初戦を制した。
 
 DeNA先発・石田、広島先発・高橋樹で試合はスタート。
 
 初回、石田は先頭の田中に中前打を浴び出塁を許すと、続く菊池に適時二塁打を浴び、試合開始からわずか数分で1点を失う。そして、一死を奪ったところで4番・鈴木に本塁打を浴びてしまい、初回に3失点と苦しい立ち上がりとなった。
 
 しかし、今日は打線が大爆発して石田を援護した。2回、DeNAは宮崎の二塁打・安部の失策・梶谷の四球で満塁のチャンスを作ると、倉本の適時打・桑原の満塁本塁打で5点を返し逆転に成功。
 
 4回には先頭の嶺井の安打・梶谷の一ゴロ・石田の内野安打で一死1・3塁のチャンスを作ると、桑原・田中浩に連続適時打が飛び出し3点を追加した。
 
 その後も攻める手を緩めないDeNAは、6回二死から桑原の二塁打を皮切りに田中浩・筒香に適時打、そしてロペスに本塁打が飛び出しこの回も4得点。8回には田中浩が再び適時打を放つなど小刻みに得点を重ね、最終的に14安打13得点で大量リードを奪った。
 
 先発の石田は立ち上がりこそ失点を喫したが、その後は持ち直し6回3失点と試合を作った。6回以降は田中健・三嶋・平田が1イニングずつを無失点に抑えて試合を締めた。打線の大量援護に恵まれた石田は今季4勝目を手にした。
 
 敗れた広島は先発の高橋樹が4回8失点KOなど、投手陣が振るわず大敗となった。