滋賀県内屈指の進学校・彦根東が、開幕試合でサヨナラの逆転劇を演じ、悲願の甲子園初勝利を掴んだ。
 
4−5で迎えた9回裏、先頭の代打松井が安打で出塁して好機をつくった。2番朝日の三ゴロで同点とし、2死一、二塁から4番岩本が一二塁間を抜ける適時打を放ち、試合を決めた。
 
サヨナラのホームを踏んだのは、二走の原晟也(3年)。クロスプレーとなるも、スライディングした原がわずかに早かった。
 
「ベンチもスタンドも意識は一つ。一打サヨナラの場面で回らない選択肢なかった」と語る。三塁を踏んだとき、ライトはすでにバックホーム体制。「やばいなと思った。でもちょっとでも反れたらセーフ。勝負するとこだから躊躇はなかった」と振り返る。
 
「いつも通りでやろうという意識で、いつも以上の力が発揮できた」とあくまでも冷静だ。
 
 春夏通算5度目の甲子園で1勝。村中隆之監督は、「信じられない。自分たちがやれることをことをしっかりやってつないだ2点」と話し、9回の反撃の起点となった代打・松井の一打を「魂のヒット」と称えた。
 
 シーソーゲームを制した秀才軍団は、2回戦で強豪・青森山田(青森)に挑む。頭脳プレーで試合をものにし、真っ赤に染まるアルプスを再び沸かせられるか。
 
 
(取材協力・氏原英明)