◯盛岡大付 4-1 作新学院● 
  

 第99回全国高校野球選手権大会が甲子園球場で8日に開幕し、第2日目1回戦第1試合の作新学院(栃木)対盛岡大付(岩手)の試合は、盛岡大付が4-1で勝利。作新学院の夏連覇の夢を打ち破った。
 
 作新学院は初回に相手の暴投で1点を先制するも、2回裏に盛岡大付が臼井の三遊間を破る適時打で同点に追いつかれる。
 
 盛岡大付の先発・平松は、初回以降も四球を出すなど走者を塁に出すが、粘りの投球で作新学院に得点を与えず。すると、5回裏にバッテリーミスで勝ち越すと、2死から4番・比嘉が右中間を破る2点適時打で点差を広げる。
 
 作新学院打線は直球とスライダーを上手く使っていた平松を打ち崩せず、4回以降は走者を出すも無安打に抑えられ1-4で敗戦。昨夏の覇者が1回戦で姿を消すこととなった。
 
 勝ったセンバツ8強の盛岡大付は、初戦を突破し、悲願の初優勝へ向けて突き進む。