日本野球機構は8月10日の試合に先発登板する投手を発表した。
 
 11勝で防御率1.90の西武・菊池、同じく11勝で防御率2.26のソフトバンク・東浜と、今季安定感の光る両投手がリーグ最多の12勝を狙う。また、阪神・メッセンジャーも敵地・東京ドームでリーグ最多タイの12勝を狙う。
 
 また、中日は前回登板で今季初勝利を手にした広島キラーの八木をマウンドへ。4月5日の広島戦では打球が脛に当たるアクシデントによって4回途中2失点で降板となったが、今回は好投を見せることができるだろうか。
 
 10日に先発登板する投手は以下のとおり。
 
<セ・リーグ>
巨人・内海哲也−阪神・R.メッセンジャー(東京ドーム 18:00)
ヤクルト・星知弥−DeNA・今永昇太(神宮球場 18:00)
中日・八木智哉−広島・九里亜蓮(ナゴヤドーム 18:00)
 
<パ・リーグ>
楽天・安樂智大−日本ハム・加藤貴之(Koboパーク宮城 18:00)
オリックス・松葉貴大−西武・菊池雄星(京セラドーム大阪 18:00)
ロッテ・唐川侑己−ソフトバンク・東浜巨(ZOZOマリンスタジアム 18:30)