〇広陵 10−6 中京大中京●
 
 第99回全国高校野球選手権大会の第4日(11日、甲子園球場)第1試合は、広陵(広島)が中京大中京(愛知)を10−6で下し、名門校同士の対決を制した。
 
 注目の4日目の幕開けとなったこのカードは、3回裏に中京大中京が1番・伊藤康のバックスクリーンへのソロ本塁打で先制すると、さらに2死一塁から盗塁と暴投で三塁まで進むと、諸橋の遊安打でさらに1点を追加する。
 
 広陵はチャンスを作るも、中京大中京の先発の磯村の前に抑えられる。しかし、5回にエースナンバーの香村に代わると、3番の中村が逆方向にソロ本塁打を放ち、1点を返す。さらに加川の二塁打から、高田誠、大橋の適時打で一気に逆転に成功する。
 
 7回表には広陵の佐藤の左中間への2ランで追加点を挙げると、さらに中村の安打から盗塁成功、高田誠の右中間への適時三塁打でこの回3点を獲得する。
 
 8回表にも高田桐の適時打、佐藤の犠飛で2点を加え、中村が逆方向にこの日2本目となる2ランで突き放す。
 
 9回裏に中京大中京は、3番手の森から連打で1点を返すも、広陵2番手の山本が再登板し、なんとか中京大中京の猛反撃をしのぎ、10-6で勝利した。