〇オリックス8-4楽天●(京セラドーム大阪)
 
 投打のかみ合ったオリックスがカード初戦を制した。
 
 この試合の先発はオリックス・ディクソン、楽天・岸。両投手序盤から走者を背負い、苦しい立ち上がりとなった。初回は両先発1人ずつ走者を出すも無失点に抑えたが、2回以降に試合が動き出した。
 
 2回、オリックスは小谷野・中島の連打・若月の四球で二死満塁のチャンスを作ると、T-岡田の押し出し四球で1点を先制。しかし、3回にディクソンが2点を失い逆転を許してしまった。
 
 1点を追うオリックスだったが、4回に難敵・岸を攻略。4回、オリックスは中島の安打・安達の四球で一死1・2塁のチャンスを作ると、若月・T-岡田が連続適時打を放ち2点を奪うと、二死からマレーロが左翼スタンドに今季第10号となる2点本塁打を放ち、この回5得点で逆転に成功した。
 
 そして、7回には楽天の育成出身2番手・宋家豪から小谷野・中島が再び連打を放ち二死1・2塁のチャンスを作ると、7番でスタメン起用の小島が適時三塁打を放ち、8点目を奪った。
 
 先発のディクソンは毎回走者を出す苦しい投球となり、6回無死から島内・聖澤の連打で3点目を失ったところで降板。立ち上がりから苦しんだディクソンだったが、5回0/3を8安打・2奪三振・1四球・3失点と勝利投手の権利を持って試合を後続に託した。
 
 その後はヘルメンが2回1失点、近藤・平野が1回を無失点に抑えてリードを守り切り、ディクソンは今季8勝目を手にした。
 
 敗れた楽天は先発・岸が6回6失点と誤算で、打線も好機であと1本が出ず3連勝とはならなかった。また、7月31日に支配下登録を果たした育成出身・宋がプロ初登板を果たしたが、1回2失点とホロ苦のデビューとなった。