バックネット裏にVIP席を新設

 西武は2018年、埼玉県所沢市に本拠地を構えて40周年を迎える。その節目を機に、メットライフドームエリアの「ボールパーク化」、室内練習場や選手寮の新設などによる「育成の強化」を実施する。投資額は球団過去最大規模の180億円。ドームの改修には今年12月に着手、そのほかの施設整備にも順次取り掛かり、2021年の完成を目指す。

 ボールパーク化のためのドームエリア改修は▽バックネット裏、BOXシートの大規模改修▽外周エリアの拡張・改修/獅子ビルリノベーション▽こども広場の設置/オフィス棟の新設▽ドーム前広場の刷新――となる。
 
 バックネット裏には、12球団最大級となる約430人が収容できるネット裏VIPラウンジ(約1000平米)を新設。空調を備えた空間で食事を楽しみながら観戦できるようになる。また、最前列にはバッターボックスが目の前に見える「砂かぶり席」を約150席も受ける。
 
 外周エリアは、12球団最大級の飲食店舗数を誇るスタジアムインフラを増強し、1塁側に広場を新設し、多目的なイベントスペースとして活用する。現在オフィスが入っている獅子ビルをリノベーションして、屋内キッズパークやフードエリアを常設する。
 
 野球観戦以外の楽しみを提供するために屋外子ども広場を設置するほか、ドーム前広場は入場ゲートを刷新し、グッズショップやチケットセンター、ファンクラブカウンターの機能を集約する。

育成強化へ、新たな室内練習場や選手寮を建設

 育成の強化に向けての施設改修は▽西武第二球場スタンド、サブグラウンド、ブルペン新設▽室内練習場、若獅子寮の新設――。
 
 第二球場には、来場者が観戦できるスタンドを設置し、選手が常に見られながらトレーニングを行う環境を整備する。現在の若獅子寮と室内練習場を撤去した跡地にサブグラウンドやブルペンを増設する。
 
 新たに建設する室内練習場は、建物の外寸が54メートル四方で、冬季や雨天、夜間などの練習スペースを確保する。併設する選手寮「若獅子寮」は4階建てで、選手用の部屋が28室。トレーニングルームや温浴施設を、食堂を完備し、若手が野球に集中できる環境を整備する。

4年ぶりにライオンズ・クラシックを実施

 40周年を記念し、2018年シーズンのユニホームの左袖には40周年記念エンブレムをデザインする。
 
 また4年ぶりにライオンズ・クラシックを実施する。2004〜2008年に着用し、その間に2度日本一に輝いたユニホームが復活する。球団初の東京ドームでの試合(4月17日)、メットライフドームでの3試合(6月29・30日、7月1日)で着用する。
 
 西武ライオンズの後藤高志オーナーは「埼玉西武ライオンズは西武グループのシンボル。40周年では設備面でバリューアップできる。来年は10年ぶりの日本一奪還を切望している」と期待を寄せた。また、施設改修による環境改善に選手の流出防止にもつなげたい考えを示した。
 
 会見に出席した秋山翔吾外野手は「優勝するための事業計画。それに応えられるように頑張りたい」と意欲を見せ、菊池雄星投手は「環境が整うことで頑張ろうと思えるのは事実。選手としてはうれしい」と話した。