パ・リーグの西川遥輝(日本ハム)が、オールスター第2戦で“走り打ち”を披露した。

 6回の打席でライト前ヒットに放った西川は、8回の第2打席でセ・リーグの薮田和樹(広島)が投じたストレートを走り打ち。センターへ抜けそうな当たりも、ショート・坂本勇人(巨人)が好捕。ショートゴロに倒れた。

 『ニッポン放送ショウアップナイター オールスターゲーム第2戦』で解説を務めた里崎智也氏は「サントスの走り打ちをやりたい選手がいると思うんですよね。やれる勇気があるかどうかですね」と解説した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)