● 阪神 5 − 9 広島 ○
<13回戦 甲子園>

 広島が先発野手全員安打となる12安打9得点。投げては先発・大瀬良が8回途中3失点と力投し、広島は甲子園での連敗を「5」で止めた。

 広島は2回、5番松山の中前打を口火に一死満塁の好機を作ると、8番石原が中前にポトリと落ちる適時打を放ち先制。9番大瀬良は空振り三振に倒れたが、続く1番田中、2番菊池が連続となる2点適時二塁打を放ち、一気に5−0とした。

 広島は3回以降も、松山の適時二塁打などで着実に加点。7回は7番安部の左前打で先発野手全員安打とすると、ここから阪神野手陣のミスにも乗じ、ダメ押しとなる9点目を奪った。

 大瀬良は初回を3者凡退で乗り切ると、打線の援護を得た2回以降も安定した投球を披露。疲れが見えた8回に制球を乱したが、それでも7回1/3を投げ、4安打6奪三振3四死球の内容で、開幕から無傷の6連勝とした。

 阪神は先発の岩貞が3回6失点と崩れ6敗目(4勝)。打線はデビュー戦の3番ロジャースが2点適時打を放つなど終盤に追い上げたが、序盤の大量失点があまりにも重く、首位・広島とのゲーム差は再び「8」に開いた。