◆ 伸び悩む正遊撃手候補…

 引き分けを挟み12連敗中のヤクルトが、7月初勝利を目指しDeNAとの15回戦に臨む。

 前夜はわずか3安打と攻撃陣が振るわず、0−1の完封負け。真中監督は打線について「序盤からなかなかチャンスを作れなかった。0ですからね。勝ち目がない」と嘆いた。

 ヤクルトは16年も野手陣に故障者が相次いだが、若手がその穴を埋める働きを見せ、チーム打率自体は優勝した15年とほぼ変わらなかった。しかし、今季は山田の不調も重なり、全体的に低調。中堅どころの荒木、藤井らの打率も2割前半だ。

 なかでも伸び悩んでいるのが、大卒4年目の西浦。今季は正遊撃手候補にも挙げらたスケールの大きい右打者だが、ここまで40試合の出場で、打率.149、0本塁打、3打点と不振を極めている。

 それでも、後半戦初戦となった17日の同カードでは、左腕・今永から長打を含む2安打をマーク。そして本日の相手先発は、法大時代の1学年後輩にあたる石田。後輩左腕とは今季の開幕戦でも対戦しており、勝利を呼び込む適時打を放っている。

 チーム状況は苦しいが、西浦にとってはレギュラー獲得のチャンスでもある。後輩撃ちで連敗ストップに貢献し、ここから調子を上げて行きたい。

【19日の試合予定】

DeNA(石田健大)− ヤクルト(石川雅規)
<横浜 18時00分>
・最近5試合の成績
De(3位):●○●○○
ヤ(6位):●●●●● ※12連敗中…

中日(大野雄大)− 巨人(畠世周)
<ナゴヤドーム 18時00分>
・最近5試合の成績
中(5位):●●●●○
巨(4位):○○○○●

阪神(小野泰己)− 広島(中村祐太)
<甲子園 18時00分>
・最近5試合の成績
神(2位):○○○○●
広(1位):○●○●○