● 阪神 3 − 14 広島 ○
<14回戦 甲子園>

 中盤以降広島打線が爆発し、6回以降だけで毎回の14得点。対する阪神は投手陣が崩壊し、広島とのゲーム差は「9」に開いた。

 阪神は2回、7番糸原が2点適時打を放ち幸先よく先制。先発・小野は立ち上がりから球威のある直球が冴え、広島打線を5回まで1安打に封じ込めた。

 しかし2−0で迎えた6回、小野は一死から2番菊池、3番丸に連打を浴びると、4番鈴木にも直球を右前に運ばれ、これが1点差となる適時打。小野はまだ72球、4安打2四球の内容だったが、阪神ベンチは早めの継投策に踏み切った。

 一死一、二塁のピンチで登板した高橋は、5番松山にストレートの四球を与え、6番新井を迎えたところで、今度は桑原にスイッチ。だが、桑原は新井に同点となる中犠飛を許し、小野のプロ初勝利の権利は消滅した。

 桑原はイニングをまたぎ7回もマウンドに登ったが、1番田中に勝ち越し打を許す。その裏、阪神は3−3の同点に追いついたが、今度は8回表に登板したマテオが、新井に決勝適時二塁打を浴びるなど、計4失点で3敗目(6勝)を喫した。阪神は5番手・山本も4点を失い、8回だけで計8失点。9回に登板した6番手・岩崎も3点を失い、6回以降だけで計14失点となった。

 終わってみればまさかの大敗で、首位・広島にカード負け越し。さらに、ヤクルトに勝利した3位・DeNAとのゲーム差は0.5となった。