● マーリンズ 3 − 10 フィリーズ ○
<現地時間7月19日 マーリンズ・パーク>

 マーリンズのイチローは現地時間19日(日本時間20日)、本拠地で行われたフィリーズ戦に代打で出場。遊ゴロに倒れ、そのまま守備から交代した。チームも20安打を浴び、10失点で大敗を喫している。

 現地18日のゲームで代打安打を放ち、通算安打数でリッキー・ヘンダーソンを抜き歴代23位に浮上したイチロー。次なる目標となる22位のクレイグ・ビジオ(3060)までも残り4本と迫っており、更なる積み上げに期待がかかる中、この日は5回に代打で出番が回ってきた。

 追い込まれながらフィリーズ先発・ピベッタの変化球を打ち返すも、ショートゴロに倒れて凡退。その後の守備から下がり、この日は1打数無安打。通算安打も3056で足踏みとなった。

 試合はマーリンズがスタントンの30号やイエリチの一発で得点を挙げるも、投手陣が20安打を浴びて10失点の炎上。大敗を喫し、2連敗でこのカードを負け越した。