西武は21日、『第3回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会』を、9月2日(土)・3日(日)に大宮第二公園(埼玉県さいたま市大宮区)で開催すると発表した。

 西武は、球団の基本姿勢を示した西武ライオンズ憲章の「野球界発展のために」の規範のもと、2013年に日本車椅子ソフトボール協会のスペシャルサポーターに就任。それ以降、同じ野球型スポーツである「車椅子ソフトボール」を支援している。

 その活動の一環として、2015年にはプロ野球球団初の主催となる『ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会』を開催。翌年(2016年)の第2回大会は会場を大宮第二公園へ移して行った。

 今回は競技発展に向けて必要不可欠な次世代の育成をテーマに、日本初となるジュニア大会も含む、3つのカテゴリーの試合を実施。また、一般の人も参加可能な車椅子ソフトボールの動きを体験できる「体験会」も行う。