23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA−巨人戦』で解説を務めた田尾安志は、敗れた巨人の9回の投手起用について言及した。

 6−6で迎えた9回、巨人は守護神のカミネロが残っている中、延長戦を想定してかロングリリーフもこなす高木勇人を投入。高木勇は簡単に二死としたが、柴田竜拓にセンター前に運ばれると、筒香嘉智にバックスクリーン左にサヨナラの2ランを浴びた。

 敗れた巨人の高橋由伸監督が試合後に「勝ち越したらカミネロ、勝ち越していなかったので高木勇人でした」と高木勇を起用した意図を説明。

 このコメントに田尾氏は「カミネロがそこまで良くないから、高木にしたと思ったんですが…。勝ち越していなくてもカミネロですよ。良いピッチャーから継ぎ込んだ方がいい」と同点でも守護神を投入すべきだったとした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)