○ オリオールズ 9 − 7 アストロズ ●
<現地時間7月23日 オリオールパーク・アット・カムデンヤーズ>

 アストロズの青木宣親が23日(日本時間24日)、敵地でのオリオールズ戦に「8番・左翼」で先発出場。4打数3安打3打点と活躍も、チームは7−9で敗れた。

 3点を追う3回、先頭打者として打席に立った青木が、右二塁打を放ち、無死二塁の好機を作り出すと、続くマリズニクの遊安打で無死一三塁と好機を広げる。すると、1番・アルテューベの左翼3ラン本塁打で試合を振り出しに戻した。

 3−4で迎えた4回の第2打席では二死一塁から左安打で二死一三塁の好機を広げたが、続くマリズニクが空振り三振に倒れ、同点とはならなかった。

 2点を追加され、3−6となった6回一死二三塁の場面で第3打席に立った青木。相手先発右腕・バンディの2球目、内角真ん中の球を振りぬくと、打球は右翼席へ。青木の一発で、再び試合を振り出しに戻すと、この回、レディックの中犠飛で勝ち越しに成功した。

 しかし、7回に1点を追加され、再び同点に。7−7で迎えた8回、青木は先頭打者として第4打席に立ったが、空振り三振に倒れた。

 青木は4打数3安打3打点で打率は.280となった。

 チームは8回の裏に4番手右腕・グレガーソンが逆転を許し、7−9で敗れた。