● 阪神 5 − 6 DeNA ○
<13回戦 甲子園>

 3連勝のDeNAが単独2位に浮上。一方の阪神は連日の1点差負けで、DeNAと入れ替わり3位へ転落した。

 阪神の先発は、プロ初勝利を狙うドラフト2位右腕の小野。初回は無難に無失点スタートを切ったが、2回は先頭打者の死球をきっかけに無死一、二塁のピンチを招くと、7番梶谷に右前適時打を許し先制点を失った。

 なおも一死二、三塁から、9番倉本にも右前への2点適時打を許し3失点目。5回は先頭打者の二塁打をきっかけに一死一、三塁とされると、梶谷にこの試合2打点目となる左犠飛を許し、5回を6安打4四死球4失点の内容で降板した。

 ここ4戦は好投していた新人右腕だが、この日は制球難を露呈し試合を作れず。デビューから9戦目も白星をつかめず、開幕から6連敗となった。

 日替わり打線も不発で、DeNA先発・ウィーランドの前に6回まで2安打1得点。終盤にスタメンを外れた西岡、中谷が打点を記録し1点差に迫ったが、なおも二死一、二塁の好機で、久々に1番に入った高山が空振り三振に倒れた。

 阪神は1番高山、2番上本、3番福留の上位3人が揃って無安打。8回には4番ロジャースが本拠地初本塁打を放ち、9回は相手のミス絡みで再び1点差に迫ったが、ここでも上本と福留が連続三振に倒れ、あと1点及ばなかった。