◆ 広島・九里は6月2日以来の先発

 広島は、九里亜蓮が6月2日以来の先発マウンドに上がる。

 今季は開幕からローテーションの一角として10試合に先発し、4勝4敗。その後、6月9日からは中継ぎとして13試合に登板し、1勝1敗という成績だ。

 本拠地・マツダスタジアムでは4試合に登板し、3勝0敗。約2カ月ぶりの先発で、白星をつかむことができるか。


 対するヤクルトは前カードで中日を3タテ。最大10点差から試合をひっくり返すなど、3戦連続二ケタ安打の計31点と、打線が爆発した。

 主砲・バレンティンは3試合連続本塁打中。昨夜は2打席連続アーチを放つなどその打棒が奮っている。

 先発のブキャナンはチームトップの5勝をマークするも、7月は3戦3敗と苦しんでいる。大暴れのヤクルト打線で助っ人右腕を援護したいところだ。

 なお、マツダスタジアムでは今季5戦5敗。昨季から含めると10連敗中だ。“鬼門”突破で4連勝を目指す。


【28日の試合予定】

中日(バルデス)− 阪神(秋山拓巳)
<ナゴヤドーム 18時00分>
・最近5試合の成績
中(5位):●●●●● ※5連敗中…
神(2位):●○●●○

広島(九里亜蓮)− ヤクルト(ブキャナン)
<マツダスタジアム 18時00分>
・最近5試合の成績
広(1位):○○○○●
ヤ(6位):○●○○○ ※3連勝中