● タイガース 5 − 6 アストロズ ○
<現地時間7月28日 コメリカ・パーク>

 アストロズの青木宣親が28日(日本時間29日)、敵地でのタイガース戦に「9番・右翼」で先発出場。野手の正面を突く当りが続き3打数無安打に倒れたが、チームは3番レディックの計5打点の活躍もあり、逆転勝利を収めた。

 青木は1−3の3回、先頭打者として打席に入るも、ここはタイガースの先発右腕・ジマーマンのカーブにタイミングを外され空振り三振。2−3の5回は再び先頭打者として初球の直球を狙い打ったが、打球は一塁正面へのライナーとなった。

 4−3の7回は、二死無走者の場面で三度ジマーマンと対戦。ここでも2球目のカーブを感じよく弾き返したが、一塁正面のゴロとなった。青木は8回裏の守備からベンチへ退き、この日は3打数無安打。打率は.271となった。

 アストロズは初回、一死から2番アルテューベが三塁打を放つと、続くレディックが右犠飛を放ち先制。レディックは3回にも中犠飛を放ち2打点目を挙げると、3−5の8回は見事な逆転3ランを右翼席へ運び、ひとりで5打点を叩き出した。