● オリックス 3 − 4 楽天 ○
<16回戦 京セラD大阪>

 楽天が9回二死から試合をひっくり返し、連敗を「3」でストップ。オリックスは9回に3番手の黒木が突然乱れ、同一カード3連勝を逃した。

 オリックスは1点を追う2回、6番マレーロの適時打で同点。マレーロは4回の第2打席でも中越えの7号2ランを放ち、チームの全3得点を叩き出した。

 先発の西は立ち上がりからピンチの連続も、粘りの投球が光り7回2失点。1点リードの8回は近藤が無失点でつなぐと、9回は黒木が先頭から2者連続三振を奪い、3連勝まであとひとりと迫った。

 ところが、ここから黒木が突如制球を乱し、連続四球を与えてしまう。そして2番聖沢に2ボール1ストライクからの直球を狙い打たれると、打球は左中間を真っ二つ。これで一気に二者が生還し、黒木はあと一死が奪えず2敗目を喫した。

 一方の楽天は、土壇場9回二死からの逆転劇。こちらは1点リードの9回裏を福山が締め、好救援の久保が2勝目、福山は3セーブ目を記録した。