30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−広島戦』で解説を務めた若松勉氏が、同日に行われた広島戦でスライディングをせずに盗塁を決めた坂口智隆(ヤクルト)を注意した。

 坂口は初回の第1打席、センター前ヒットで出塁。一死後、バレンティンの打席でフルカウントということもあり、一塁走者の坂口はスタート。バレンティンは見逃し三振に倒れたが、坂口は広島の二塁・菊池のタッチをかわし、スライディングをせずに盗塁成功となった。

 若松氏はこの盗塁に「滑らないで左足をベースにつく前に、タッチをかわして右足を外から入れてベースにつきましたよね。滑らないとケガしちゃう場面がありますので、滑らないとダメですよね」と警告した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)