日本ハムはトレード期限となる31日、谷元圭介(32)が金銭トレードで中日へ移籍することを発表した。

 日本ハム中継ぎ陣の中軸として活躍してきた谷元は、チームが日本一となった昨季もセットアッパーとして58試合(3勝2敗3セーブ28ホールド)に登板し、防御率2.32と安定したピッチングを披露。今シーズンは36試合に登板して0勝2敗1セーブ21ホールド、防御率3.31という成績だった。

 谷元は球団を通じ、以下のようにコメントしている。

◆ 谷元コメント
「正直、驚いています。気持ちを整理するのは難しいですが、必要とされて移籍するからには頑張るしかないと思います。

ドラフト前のテストをへてプロの世界へ導いてもらい、ファイターズにお世話になってこれまで苦しい思いも楽しい思いもしてきました。一番の思い出はやはり昨年の日本シリーズで最後のマウンドに上がれたことです。

ファイターズに入ったからこそ、今の自分があるのは間違いありません。これからドラゴンズで活躍することが、監督・コーチ、選手、スタッフの皆さんへの恩返しになると思っています。

また、ファンの皆さんからいつも温かい声援をいただいて、それが力になりましたし、感謝しかありません。これからも一選手として応援してもらえたらうれしいです。8年半、ありがとうございました」