○ タイガース 5 − 6 アストロズ ●
<現地時間7月30日 コメリカ・パーク>

 アストロズの青木宣親が30日(日本時間31日)、敵地でのタイガース戦に「9番・右翼」で先発出場し、3打数1安打。チームは1−13で大敗した。

 2回、二死一二塁の場面で第1打席に立った青木。右安打を放ち、満塁と好機を広げたが、続くフィッシャーが二ゴロに倒れ、得点にはつながらなかった。

 1点を追う4回の第2打席は四球を選び出塁。6点差とされた7回、先頭打者として打席に入るも、見逃し三振、9回の第4打席は二ゴロに倒れた。3打数1安打で打率は.272となった。

 チームは先発のマクラーズが5回5失点。救援陣も踏ん張れず、1−13で大敗した。