ヤクルトは1日、屋宜照悟を一軍登録した。

 屋宜は7月25日に成立した杉浦稔大との交換トレードで、日本ハムから移籍してきたばかりの右腕。日本ハムの二軍では27試合に登板し、防御率2.59の成績を残していた。また、ヤクルト移籍後もファームですでに3試合登板しており、防御率3.00という成績。

 救援防御率がリーグ最下位の4.40とリリーフ陣に不安が残るヤクルト。これまでリリーフとして登板してきた屋宜には、一刻も早く戦力となって欲しいところ。一軍での好投に期待したい。

 また、阪神はマテオが一軍復帰。ロッテは4選手を登録し、2選手を抹消した。


<8月1日の公示情報>
※再登録=8月11日以降

■ 北海道日本ハムファイターズ
−登録−
54 玉井大翔/投手
=抹消=
59 吉田侑樹/投手
37 矢野謙次/外野手

■ 福岡ソフトバンクホークス
−登録−
29 石川柊太/投手
=抹消=
14 加治屋蓮/投手

■ 千葉ロッテマリーンズ
−登録−
49 チェン・グァンユウ/投手
13 平沢大河/内野手
44 井上晴哉/内野手
0 荻野貴司/外野手
=抹消=
20 東條大樹/投手
38 伊志嶺翔大/外野手

■ 東北楽天ゴールデンイーグルス
−登録−
52 森原康平/投手
58 辛島 航/投手

■ 広島東洋カープ
−登録−
98 佐藤祥万/投手

■ 横浜DeNAベイスターズ
−登録−
98 シリアコ/内野手

■ 阪神タイガース
−登録−
38 マテオ/投手

■ 東京ヤクルトスワローズ
−登録−
58 屋宜照悟/投手