5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA−広島戦』で解説を務めた大矢明彦氏は6回、先発・薮田和樹の守備に広島の教育力の高さを感じたようだ。

 2点リードで迎えた6回一死二塁の場面、広島の薮田はDeNAの9番・倉本寿彦をボテボテの投ゴロを素早く処理し一塁へ送球。打者走者をアウトにした。このプレーに大矢氏は「引っかけたボテボテだったんですけど、薮田が捕ってから1回きちっとステップして投げているんですよね」と解説。

 「左バッターだから慌てて暴投してしまうピッチャーが結構いるんですけど、しっかり教育しているなと思いました」と、首脳陣の教育力を高く評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)