◆ 名手・福留がまさかの落球、大山はお手玉…

 阪神戦3試合連続完封負け中だったヤクルトが6日、2回に相手野手陣の連続失策で、阪神戦31イニングぶりとなる得点を記録した。

 ヤクルトは初回、2番山崎が内野安打で出塁するも、3番バレンティンが併殺。2回は先頭の4番山田が四球で出塁したが、ここでも5番リベロが併殺に倒れた。

 2イニング連続の拙攻で嫌な雰囲気だったが、二死から6番大引が放った右飛を福留が落球。大引は三塁へ進み、続く中村は平凡な三ゴロに打ち取られたが、今度は三塁・大山が処理を焦り、ノーヒットで先制点を奪った。

 ヤクルトの阪神戦での得点は、勝利した7日22日の6回に2点を奪って以降、実に31イニングぶり。この時点で4戦連続の完封負けはなくなった。