ロッテは7日、球界初の売り子アイドルグループである『マリーンズカンパイガールズ』のビール売り上げ途中経過を発表した。

 カンパイガールズは4月4日の本拠地開幕戦から8月31日までの本拠地主催ゲーム59試合(1試合雨天中止)で、ビール3万5000杯の売り上げを記録しなければ解散するという企画にチャレンジしており、現在46試合(雨天中止1試合の開場後の売り上げを加算し47日間)を消化して2万5759杯の売り上げを記録している。

 目標達成には残り12試合で9241杯の売り上げが必要。1試合一人あたり193杯の売り上げなければいけない計算となる。

 これまでの平均が一人当たり約140杯であったことを考えると、かなり厳しい状況ではあるが、これから夏本番ということもあり、巻き返しに期待したいところ。

 リーダー今井さやかさんも「1試合雨天中止になってしまう不運がありましたが、私たちは負けません!この真夏の暑さに負けず美味しいビールを売ります!そして最終日の8月31日はビール半額デーもありますので夢を諦めずに頑張ります!それでは最後に、ウ〜グビグビ。マリーンズカンパイガールズです!」と意気込んだ。