◆ 楽天−日本ハム戦は台風接近のため中止

 前カードで日本ハムに2連勝したオリックスが、好調・西武を本拠地に迎える。

 オリックスは5日の日本ハム戦から、打順を大幅に変更。それぞれプロ入り初となる1番T−岡田、2番吉田正を筆頭に、3番以降もマレーロ、ロメロと、上位に長打力のある打者を並べた。

 この配置換えがさっそく奏功。5日の試合では、T−岡田、吉田正の連続本塁打で3点を先制。1点を追う7回はマレーロの同点適時打のあと、続くロメロが勝ち越し2ランを放った。6日の試合も、マレーロの先制2ラン、T−岡田の2点適時二塁打などで4回までに5得点。見事な先制パンチを浴びせ、そのまま逃げ切った。

 投げる方でも、新助っ人右腕のヘルメンが2戦連続セーブ。投打ともにリニュアールしたオリックスが、3強へと変わった覇権争いをかき回してくれそうだ。

【8日の試合予定】

オリックス(金子千尋)− 西武(十亀剣)
<京セラD大阪 18時00分>
・最近5試合の成績
オ(4位):○●●○○
西(3位):○○○●○

ロッテ(石川歩)− ソフトバンク(石川柊太)
<ZOZOマリン 18時15分>
・最近5試合の成績
ロ(6位):○●●●○
ソ(1位):○○●○●

楽天 − 日本ハム
<Koboパーク宮城 試合前中止>