○ 巨人 6 − 1 阪神 ●
<14回戦 東京ドーム>

 阪神の中谷将大が、走塁ミスでチャンスを潰してしまった。

 1点を追う2回、一死走者なしから中谷がフェンス直撃の二塁打を放つと、続く鳥谷敬は巨人の三塁・村田修一の後逸で出塁。一死一、二塁のチャンスを作ったが、大和はレフトライナーに倒れる。しかし、飛び出していた二塁走者の中谷が戻ることができず二塁アウト。ダブルプレーで攻撃が終了し、結局この回得点を挙げることができなかった。

 この走塁に同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた野村弘樹氏と「確かに当たりはよかったんですけど、外野の守備位置が前にきていることが頭に入っていれば、飛び出すことはなかった。正直言わせてもらうと、ボーンヘッドですね」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)