「小林君にとっては、凄くいい刺激ですよね。このままじゃいけないと感じさせ、ライバルになりうる存在かもしれないですね」。

 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた石井一久氏が、巨人の宇佐見真吾をこう評した。

 プロ初出場となった8日の阪神戦で、藤川球児からプロ初安打を記録した宇佐見はこの日、2点を追う5回二死一、二塁の場面に代打で登場。2ボール1ストライクから阪神の先発・青柳晃洋が投じた4球目のシュートをライト前に弾き返すヒットを放った。

 このヒットに石井氏は「自分のヒットポイントまで、しっかり待てましたよね。三塁方向にヘッドを一回倒してから、打つような感じにしていますけど、凄くいいリズムで振っているように感じますね」と解説した。

 代打でヒットを放った宇佐見は、6回の守備からプロ入り後初めてマスクを被った。7回に1点を失ったが、その裏打線が3点を奪い逆転。石井氏は8回の守備中に「今日は負けている状態で宇佐見選手が入っていって、勝ちゲームに転じたわけですよね。その中でも宇佐見でもいけるんじゃないかというリードをして欲しいですね」とコメント。なんとかチームを勝利に導きアピールしたいところだったが、9回に逆転を許し守備ではホロ苦いデビューとなった。

 この日は守備面で悔しい結果となった宇佐見だが、開幕からスタメンマスクを被る小林を脅かす存在になって欲しいところ。石井氏も「ジャイアンツとしても小林選手にとって代われるような、キャッチャーが欲しいですよね。小林選手も頑張っていますが、安泰では強いチーム作りができないですよね」と宇佐見に期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)