○ ナショナルズ 3 − 2 マーリンズ ●
<現地時間8月10日 ナショナルズ・パーク>

 マーリンズの田沢純一が10日(日本時間11日)、敵地でのナショナルズ戦に救援登板。同点の8回を託されが、決勝弾を浴び今季2敗目(1勝)を喫した。

 田沢は2−2の8回裏に4番手として登場。先頭の1番グッドウィンに対し1ボールから直球を投げ込んだが、完璧に叩かれ打球は右翼席中段へ着弾し、これが決勝点となった。後続は退けたが、1回2安打1失点の内容で今季2敗目。4戦ぶりの失点は痛恨の勝ち越し被弾となり、防御率は4.93となった。

 マーリンズは3回、2番スタントンの39号2ランで先制するも、その後は好機を活かせず逆転負け。前日3安打のイチローは、最後まで出番はなかった。