◆ キャリア初10敗を喫するなど不安定なシーズン

 ヤンキースは現地時間12日(日本時間13日)、田中将大が右肩の炎症のため、10日間の故障者リスト(DL)に入ったと発表した。

 田中は今季ここまで23試合に先発し、8勝10敗、防御率4.92の成績。2ケタ敗戦は楽天時代を含めプロキャリア初で、9日(10日)のブルージェイズ戦は、自己ワーストの5四球を与えるなど、4回0/3を2安打3失点、88球で降板していた。

 田中はメジャー1年目の14年に右肘を痛め長期離脱。翌15年は右前腕部の張りで離脱しており、今回が3度目のDL入りとなる。ただ、今回は疲労によるところが大きく、早期復帰できる見込みだという。