前日完封負けを喫した巨人は13日も、6安打1得点しか奪えず敗れた。

 初回に陽岱鋼がセンターフェンス直撃の三塁打で出塁するも、マギー、坂本勇人が連続三振、阿部慎之助が二ゴロに倒れ先制することができなかった。その裏、今季初先発となった今村信貴が広島打線に捕まり3失点。

 反撃に出たい打線だったが、広島先発・岡田明丈の前に2回以降はチャンスらしいチャンスを作ることができなかった。それでも4点を追う6回、先頭の陽岱鋼がヒットと広島の右翼・鈴木誠也の失策が絡み無死三塁のチャンスを作ると、マギーがセンター前ヒットで続き1点を返した。一気に岡田を攻めたてたいところだったが、後が続かず結局1点に終わった。

 その後、9回一死走者なしから阿部が通算2000安打を達成するも、村田修一が右飛、亀井善行が一ゴロに倒れ敗れた。

 『ニッポン放送ショウアップナイター 広島−巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「ヒットで繋がったのは6回だけですか。1点は取りましたけど、併殺で終わっていますからね」とコメントし、「今日の岡田のボールには力がありましたし、なかなかヒットが続かない中で、どうやって点を取るかが大事だったですね」と振り返った。

 広島との3連戦は初戦こそ9点を奪ったが、2ケタ勝利をマークする薮田和樹、岡田明丈といった力のある投手を前に完全に封じこまれた。Aクラス入りするためにも、エース級の投手をどのようにして攻略していくかが課題になっていきそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)