○ ドジャース 5 − 4 ホワイトソックス ●
<現地時間8月16日 ドジャー・スタジアム>

 ダルビッシュ有が16日(日本時間17日)、本拠地ドジャー・スタジアムで行われたホワイトソックス戦で先発登板した。ダルビッシュは6回を投げて自責点3で降板。チームは9回に劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 ダルビッシュは初回、1番・ガルシアに投げ込んだ初球を弾き返されて、右翼ポールに直撃する先頭打者本塁打にされると、4回にも4番・デルモニコにソロ本塁打、6回にも3番・アブレイユにソロ本塁打を打たれて3失点。この6回を終えた時点でマウンドを降りた。

 試合はその後、8回にワトソンがデルモニコにソロ本塁打を打たれて4点目を奪われ、2-4とドジャースが2点ビハインドで9回裏の攻撃へ。

 すると4番・ベリンジャーが中安打で出塁。5番・フォーサイスが二塁打を放ち、1点を返すと、6番・バーンズも中安打で出塁。最後は1死一、三塁から7番・プイグがサヨナラ2点二塁打を放ち、ドジャースが劇的な勝利。勝ちは9回表から登板したストリップリングに付いた。

 これでドジャースは4連勝。首位独走のチームにさらに勢いがつく結果となった。