【ア・リーグ地区シリーズ第3戦】
○ ヤンキース 1 − 0 インディアンス ●
<現地時間10月8日 ヤンキー・スタジアム>

 ヤンキースの田中将大が8日(日本時間9日)、インディアンスとの地区シリーズ第3戦に先発。7回3安打無失点の快投で、ポストシーズン(PS)自身初勝利を挙げた。打線は7回、6番バードが値千金の先制ソロを放ちこれが決勝点。シリーズの対戦成績を1勝2敗とした。

 負ければ今シーズン終了となるヤンキース。田中の立ち上がりは完璧だった。初回は1番リンドア、3番ラミレスを空振り三振に仕留めるなど、3者凡退スタート。2回は一死から5番サンタナに右前打を浴びたが、続くジャクソンにはスプリットを打たせ、注文通り三ゴロ併殺に仕留めた。

 3回も3者凡退に抑え、序盤3イニングを9人で終える快投。4回は一死から2番キプニスに右越え三塁打を浴びたが、続くラミレス、ブルースの3、4番を、いずれもスプリットで連続三振。この試合最大のピンチを凌いだ田中は、グラブを叩きながら雄叫びを上げた。

 5回はこの試合初めての四球で先頭打者を出すも、一死後、7番ブラントリーを二ゴロ併殺。6回も先頭打者に安打を許したが、1番リンドアの大飛球を、右翼・ジャッジがフェンス際で好捕。バックの好守もあり無失点投球を続けた。

 田中は7回も3者凡退に抑えたが、相手先発・カラスコも6回途中無失点と好投。それでも0−0の7回裏、ヤンキースは6番バードが中継ぎ左腕・ミラーから特大の先制ソロを放ち、ついに均衡を破った。

 1−0の8回表から継投策に入り、田中は7回92球、3安打7奪三振1四球無失点で降板。その後はロバートソン、8回途中から登板したチャプマンが完封リレーでつなぎ、虎の子の1点を守り抜いた。