楽天の梨田昌孝監督が13日、西武の本拠地・メットライフドームで行われるクライマックスシリーズのファーストステージを前に意気込みを語った。

 最大3試合の超短期決戦となるファーストステージの第1戦は、楽天が則本昂大、西武は菊池雄星が先発する。楽天にとって菊池は、今シーズン8戦8敗、打率.138と大の苦手としている天敵。梨田監督も「攻略と言っても良い投手なので点は取れない」と認めつつ、「1人1人が球数を放らせたり、粘って次に繋げるような野球ができれば」と打線の奮起に期待を寄せる。

 第1戦に先発する則本に関しては、「点を与えないで頑張っているうちに打線が点を取るという風に思っているので、先に点を与えて欲しくない」とエースのピッチングを要求。パ・リーグを代表する投手同士の投げ合いを楽しみにしている様子だった。

 また、フェニックスリーグに参加していた今江やオコエも合流し、チームの雰囲気は「明るい」と語り、「下から行くもので、怖いものはないわけですから、ドンと胸を借りるつもりで。思い切ったことができると思っています」、「シーズン中は色々苦しめられたけど、短期決戦では何が起こるかわからない」とレギュラーシーズン3位からの逆襲を狙う。


(ニッポン放送ショウアップナイター)