SMBC日本シリーズ第3戦
● DeNA 2 − 3 ソフトバンク ○
<10月31日 横浜>

 ソフトバンクが3連勝し2年ぶりの日本一に王手。ベテラン捕手・高谷の好守に渡る活躍が光った。

 ソフトバンクは初回、先頭の柳田が右前打で出塁すると、続く今宮の打席で二盗に成功。今宮が送りバントを決め一死三塁とすると、二死後、4番内川が先制となる右越え二塁打を放った。1、2番による初回の先制機演出は、これで3試合連続。パ・リーグ王者はこの試合でも手堅く先制点を奪った。

 その裏、先発の武田が1番桑原、2番梶谷にいずれも四球を与えたが、両選手の二盗を女房役の高谷が連続阻止。ベテラン捕手はバットでも1−0の4回に2点適時打を中前へ運び、「早く追加点が取りたいと思っていたので、武田を援護できて良かったです。いい所に飛んでくれました」とコメントした。

 その武田は3−0の4回、一死から3番ロペスにソロ弾を浴び失点。その後もその後も四死球でピンチを招くなど終始制球に苦しみ、4回1/3、4安打5四死球1失点の内容でマウンドを降りた。

 2点リードの6回にも救援陣が1点を返されたが、3−2の7回以降はモイネロ、岩崎、サファテがピシャリ。第2戦に続く1点差勝利で、2年ぶりの日本シリーズ制覇に早くも王手をかけた。

 DeNAは序盤から拙攻が目立ち、不安定だった武田を捕らえきれず。逆に先発のウィーランドはピンチで粘れず、6回途中3失点と振るわなかった。