○ 巨人 8x − 6 DeNA ●
<18回戦 東京ドーム>

 途中出場した巨人の重信慎之介が、勝利に導く素晴らしい働きを見せた。

 重信は、5−6の9回二死走者の場面で、DeNA・山崎康晃から四球を選び出塁すると、坂本勇人の適時打で同点のホームを踏んだ。

 6−6の11回は無死走者なしからDeNAのエスコバーが投じた初球のストレートをライト前にはじき返し出塁。続く田口麗斗の2球目に二盗を決めると、田口に代わり代打で登場した石川慎吾がサヨナラ2ランを放った。

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、重信の働きについて「普段そんなにこういう展開がない状況の中で、こういう活躍をして勝ちにもっていった。そのなかで、ものすごく大きな働きだったですね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)