○ 巨人 8x − 6 DeNA ●
<18回戦 東京ドーム>

 巨人の丸佳浩が、2打席連続本塁打を放った。

 丸は0−1の4回一死走者なしからDeNAの先発・石田健大が投じた141キロのストレートを捉えると、打球はジャイアンツファンの待つライトスタンドに飛び込む第21号ソロとなった。

 この本塁打に24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−DeNA』で解説を務めた大矢明彦氏は「逃さなかったですね。1打席目もそうでしたけど、真っ直ぐ1本勝負。カーブの後、しっかり捉えましたね」と振り返った。

 さらに丸は6回にも、2番手・武藤祐太のストレートをレフト方向へこの日2本目となる本塁打を放った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)