○ 楽天 7 − 1 西武 ●
<25回戦・楽天生命パーク>

 西武の秋山翔吾外野手が今季最終戦にフル出場し、5年連続フルイニング出場をマークした。

 24日のロッテ戦でリーグ連覇を決めた西武。この日は多くの主力が欠場したが、秋山は「3番・中堅」でフル出場した。3打数無安打で試合にも敗れたが、5シーズン連続のフルイニング出場を達成。2014年9月6日のソフトバンク戦から継続中の記録を739試合に更新した。

 日本記録は金本知憲(広島、阪神)の1492試合。秋山は今年8月12日のロッテ戦で、700試合の三宅秀史(阪神)を抜き歴代単独2位に浮上していた。

 西武は今季最終戦に大敗したが、80勝62敗1分けで堂々のパ・リーグ連覇。10月9日から始めるCSファイナルステージで、2位・ソフトバンク、3位・楽天の勝者を本拠地に迎える。