◆ ファーム日本選手権

● 楽天 3 − 6 ソフトバンク ○
<10月5日 サンマリン宮崎>

 2019年のファーム日本一を決めるファーム日本選手権が5日、宮崎県のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われ、ウエスタン・リーグ優勝のソフトバンクが6−3で勝利。4年ぶり4度目となるファーム日本一に輝いた。

 ソフトバンクは3回、7番・真砂勇介、8番・川瀬晃の連続ヒットで無死二・三塁のチャンスをつくると、9番・美間優槻の強烈な打球を三塁手・内田靖人が後逸(記録は失策)。タイムリーエラーで2点を先制すると、続く4回には4番・栗原陵矢が左中間二塁打でチャンスメークし、5番・市川友也が中前適時打。さらに8番・川瀬晃のスクイズに相手の悪送球も重なり、一気にリードを5点に拡大した。

 投げては先発の二保旭がテンポよく5回・75球を投げて、無四球、2安打、無失点とゲームメイク。6回から登板した2番手・笠谷俊介が連打を浴びて1点を失ったが、3番手・岡本健が後続を断ち、イニングを跨いで打者5人斬りの好リリーフ。8回以降は田中正義(1回無失点)、川原弘之(1回2失点)とつないでリードを守った。

 球団史上はじめて日本選手権に出場した楽天は、先発の藤平尚真が味方の失策も絡んで3回1/3(51球)、5安打、5失点(自責1)。0−6の6回に代打・耀飛の左中間適時打、9回に代打・下妻貴寛の適時打と内野ゴロの間に2点を返したが及ばなかった。

 個人賞は5回無失点と好投を見せた二保旭が最優秀選手賞、3安打1得点の栗原陵矢、2安打1打点の川瀬晃が優秀選手賞を受賞した。


◆ 表彰選手

<最優秀選手>
二保 旭(ソフトバンク)

<優秀選手>
栗原陵矢(ソフトバンク)
川瀬 晃(ソフトバンク)


▼ 歴代MVP選手と試合結果
※2000年以降

2019年:楽 3 − 6 ソ
<MVP>二保旭(ソフトバンク)

2018年:神 8 − 4 巨
<MVP>熊谷敬宥(阪神)

2017年:巨 2 − 5 広
<MVP>坂倉将吾(広島)

2016年:ソ 2 − 6 巨
<MVP>岡本和真(巨人)

2015年:巨 0 − 2 ソ
<MVP>岩嵜翔(ソフトバンク)

2014年:ソ 4 − 6 ロ
<MVP>大嶺翔太(ロッテ)

2013年:ヤ 3 − 4 ソ
<MVP>田上秀則(ソフトバンク)

2012年:ソ 0 − 4 ロ
<MVP>塀内久雄(ロッテ)

2011年:日 3 − 4 中
<MVP>前田章宏(中日)

2010年:神 5 − 6 ロ
<MVP>細谷圭(ロッテ)

2009年:巨 0 − 2 中
<MVP>鈴木義広(中日)

2008年:ソ 5 − 1 ヤ
<MVP>岩嵜翔(ソフトバンク)

2007年:巨 2 − 7 中
<MVP>吉見一起(中日)

2006年:神 6 − 0 ロ
<MVP>中村泰広(阪神)

2005年:ロ 7 − 5 神
<MVP>辻俊哉(ロッテ)

2004年:中 4 − 3 日
<MVP>土谷鉄平(中日)

2003年:日 0 − 3 神
<MVP>早川健一郎(阪神)

2002年:神 16 − 3 西
<MVP>藤原通(阪神)

2001年:西 5 − 0 神
<MVP>三井浩二(西武)

2000年:中 4 − 2 巨
<MVP>筒井壮(中日)