明治神宮野球大会 5日目
大学の部 準決勝
● 東海大 7 − 8 関西大 ○
(延長10回タイブレーク)

 関西大が延長タイブレークの死闘を制し、決勝へ進出した。

 関西大は1回、2本の内野安打から一死一・二塁のチャンスを作ると、4番・野口(2年・鳴門渦潮)の2点適時二塁打、続く5番・吉川(3年・土佐)のスクイズを決まり3点を先制。

 東海大もその裏、二死一・二塁から5番・小松(1年・東海大相模)の左中間への適時三塁打で2点を返すと、4回裏には二死三塁から7番・串畑(3年・広陵)がレフトへ適時二塁打を放ち同点に追いついた。

 さらに東海大は5回裏、先頭の9番・竹内(2年・明石商)が関西大の2番手・鷲尾(1年・登美ヶ丘)から左翼ポール際へソロ本塁打で勝ち越し。4−3と東海大が1点をリードして終盤へ突入する。

 しかし終盤、流れを引き寄せたのは関西大だった。7回、2つの四球が絡み、一死満塁のチャンスを迎えると、東海大の4番手・宮路(2年・東海大高輪台)から関西大の6番・久保田(2年・津田学園)が右中間を深々と破る走者一掃の3点適時二塁打で逆転に成功。

 投げては6回から3番手で登板した右腕・肥後(4年・広陵)が、イニングをまたいで5者連続三振を奪う快投を見せ、東海大打線を封じる。

 それでも、あきらめない東海大は、8回裏に二死三塁とすると、今秋ドラフトでソフトバンクから4位指名された4番・海野(4年・関西)が右犠飛で1点差に迫る。9回裏、東海大・串畑が、関西大の4番手左腕・高野(3年・出雲商)から四球を選んで出塁すると、二盗に三盗も決めて、その後一死一・三塁。この大チャンスに1番・千野(東海大相模)が応えて中前へ適時打。土壇場で東海大が6−6の同点に追いつき、試合は無死一・二塁からスターとする延長タイブレークへ。

 延長10回表、関西大は一死一・二塁から右打席に8番・坂之下(2年・大阪桐蔭)。追い込まれながらも、東海大の5番手左腕・松山(3年・東邦)の内寄りの変化球をレフト線へと弾き返して値千金の勝ち越し適時二塁打。一死満塁から1番・安藤(2年・西条)が押し出しの死球で2点のリードを奪った。

 延長10回裏、関西大は5番手で、前日先発したサウスポー森(4年・鳥取商)が登板。二死満塁のピンチを招き、東海大の6番・植村(4年・広陵)の三遊間を破る適時打で1点を失う。それでも後続を打ち取り、試合終了。

 8−7で延長10回の死闘を制した関西大が、元阪急・阪神で活躍した山口高志さん(現関西大野球部アドバイザリースタッフ)が法大を完封して優勝した1972年の第3回大会以来、47年ぶりに決勝へ進出した。

▼ 関西大・早瀨万豊監督
「たくましくなり、粘り強くなった。ミスをしたら誰かがカバーするとか、途切れそうになったときに誰かが繋いでくれる。きのう、きょうと、得点のシーンも、守りの方も粘り強くということで、こういう結果になっていると思う。(決勝で対戦する慶大は)バットを振れる選手がいるし、投手は球が速いし、右左といる。でも勝負できないことはないと思っているし、きょうみたいに粘り強く、総力戦でいけば」。

▼ 決勝打の関西大・坂之下晴人内野手
「初球から狙っていたが、打てずに2ストライクと追い込まれて、何とか1点、ヒットでもエラーでも取りたかった。普段は逆方向を意識しているが、内に来る気配がしたので内も張りつつ…本当に内に来たので良かった。1打席目も詰まらされて打ち取られていた。この打席も内に来るかなぁと。変化球だったが、対応できて良かった」。

▼ 東海大・安藤強監督
「(春の全国大学)選手権もベスト4。長倉(4年・東海大相模)キャプテンを中心に4年生が引っ張ってくれた結果、ここまで来れた。その中でトーナメントではミスをした方が負けるということ。去年も選手権は出場したが1回戦で負けて、勝ち続けることを知らない選手が多い。肉体的にも精神的にも疲れ、その中で、けが人も出たり。本当にもっとタフなチームを作っていかなくてはと思っている」。

東海大・海野隆司捕手
「日本一という目標でやってきて、(春の選手権から)2季連続で準決勝敗退。悔しいですね。こういう接戦の試合を何回も勝ってきたので、正直、力負けという感じはしない。きょうは継投で、いろんな投手をリードしなくてはいけないということで、その投手の持ち味をもっと出せれば良かったかなと。大会を通じていろんなことを学べた。こういう投手がいない中でもしっかり勝たせてあげないといけないのが捕手の役目。上の世界に行っても、そういう意識をもってやっていきたい」。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)